メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

震災関連死 高齢者に目配りを 狭い場所、心身に負担

 熊本県内で震災関連死とみられる例が出ている。避難生活の長期化により、疲労やストレスなどで体調を悪化させる人がさらに増えることが懸念される。大きな揺れが続いていることも被災者の負担となっており、専門家は、行政をはじめ関係者らの「目配り」の必要性を強く訴えている。【有田浩子、熊谷豪】

 震災関連死は避難生活での疲労やストレスなどで体調が悪化して死亡したケースなどを指す。心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、肺炎、エコノミークラス症候群などが考えられ、自殺も含まれる。

 災害弔慰金支給法や各市町村の条例に基づき市町村が「震災関連死」と認定すれば災害弔慰金が支給される。…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです