メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

熊本地震関連死 県外避難受け入れ 自治体、次々表明 被災者に不安の声も

 熊本県や大分県で続く地震で、エコノミークラス症候群などによる震災関連死とみられる犠牲者が20日現在、10人に上っている。硬い床やプライバシーが保たれない避難所。狭い車中での生活。被災者に体を伸ばしてゆっくりと休める場所を提供することが急務だ。各地の自治体も公営住宅の提供を表明し始めている。しかし、生活の基盤がある地元を一時的にしろ離れるのは、被災者にとって簡単なことではない。

 熊本県周辺を中心に、各地の自治体が被災者への公営住宅の無償提供を相次いで打ち出している。

この記事は有料記事です。

残り2321文字(全文2556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです