メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

ボランティア受け入れ窓口 県内各地に

ボランティアの受け付けをする多くの人たち=熊本県益城町で2016年4月21日午前9時、兵藤公治撮影

 ボランティアの受け入れ窓口となる「ボランティアセンター」は、熊本県内の各市町村に開設されつつある。菊池、宇土両市は18日、南阿蘇村でも20日から社会福祉協議会がセンターを開設した。熊本市でも22日に開設される予定だ。

 ただ、地震活動が活発な状況が続いており、「ボランティアの安全を確保できないと受け入れられない」(阿蘇市社協)など、まだ受け入れに慎重な自治体もある。社協の職員数が限られているため対応に懸念を示す自治体もあり、22日から受け入れる予定の菊陽町社協の担当者は「センターの開設前から毎日100人くらいの希望者が来て対応に追われている。ホームページなどでどこまで告知するか迷っている…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです