メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱自不正

消費者「何を信じたら」 業界全体に不信感

 三菱自動車が、軽自動車の燃費試験のデータを改ざんしていた。問題の車を買ったドライバーは、カタログの性能より余計にガソリン代を負担してきたことになる。「何を信じたらいいのか分からない」。ユーザーから厳しい声が上がった。【田ノ上達也、太田敦子、内橋寿明】

 軽乗用車「eKワゴン」に乗る千葉市の主婦(42)は「利益のみを追求する中で起きたのではないか。なぜ不正が行われたのか理由を知りたい」と驚いた様子を見せた。同車種では2013年6月以降の製造で不正があった。主婦は車を10年ほど前に購入。対象外だが、買い替えを検討していたところで、「何を信じたら……」と不安を口にした。

 三菱自動車やグループ会社では2000年以降、母子3人死傷事故などに絡みリコール隠しが発覚し、批判を…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  2. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. JR東海が23年ぶり新型特急車両 初のハイブリッド方式、120キロで営業運転へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです