囲碁

井山裕太が7冠達成 史上初

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊田十段を降して7冠を達成し、対局室でカメラマンの要望に応えて指で7を示す井山裕太本因坊=東京都千代田区で2016年4月20日午後5時56分、小出洋平撮影
伊田十段を降して7冠を達成し、対局室でカメラマンの要望に応えて指で7を示す井山裕太本因坊=東京都千代田区で2016年4月20日午後5時56分、小出洋平撮影

 囲碁のタイトル6冠を保持する井山裕太本因坊(26)=ほかに棋聖、名人、王座、天元、碁聖=が20日、十段を奪取し、囲碁界では初めて全7大タイトルの同時制覇を達成した。

 井山は、東京都千代田区の日本棋院で打たれた第54期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局で同日午後5時21分、163手で伊田篤史十段(22)に黒番中押し勝ちし、3勝1敗でタイトルを獲得した。

 過去の記録は、井山の6冠以外では2009年に張栩(ちょう・う)九段(36)が達成した5冠(名人、王座、天元、碁聖、十段)が最高。将棋界では1996年、羽生善治名人(45)が7冠を制覇し、社会現象となった。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文889文字)

あわせて読みたい

ニュース特集