メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

井山裕太が7冠達成 史上初

伊田十段を降して7冠を達成し、対局室でカメラマンの要望に応えて指で7を示す井山裕太本因坊=東京都千代田区で2016年4月20日午後5時56分、小出洋平撮影

 囲碁のタイトル6冠を保持する井山裕太本因坊(26)=ほかに棋聖、名人、王座、天元、碁聖=が20日、十段を奪取し、囲碁界では初めて全7大タイトルの同時制覇を達成した。

 井山は、東京都千代田区の日本棋院で打たれた第54期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局で同日午後5時21分、163手で伊田篤史十段(22)に黒番中押し勝ちし、3勝1敗でタイトルを獲得した。

 過去の記録は、井山の6冠以外では2009年に張栩(ちょう・う)九段(36)が達成した5冠(名人、王座、天元、碁聖、十段)が最高。将棋界では1996年、羽生善治名人(45)が7冠を制覇し、社会現象となった。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです