特集

毎日新聞×毎日放送(MBS)

毎日新聞デジタルの「毎日新聞×毎日放送(MBS)」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

サタデープラス

シングルマザー・武田久美子のアメリカ・サンディエゴでの子育て生活密着

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
<プロフィル>武田久美子(たけだ・くみこ) 1968年愛知県出身。東大生のアイドルコンテストでグランプリを受賞し話題に。82年、女優として映画「ハイティーン・ブギ」に出演。83年には、シングル「噂になってもいい」で歌手デビュー。 さらに、「グラビアの女王」として写真集を数多く発表し人気を博す。特に「マイディア ステファニー」で見せた“貝殻ビキニ”は、世間に大きな衝撃を与えた。 近年は自身が実践している健康法・アンチエイジング法・愛用スキンケアコスメ、美容法に関する書籍やDVDを発売、アンチエイジングのスペシャリストとして多くの女性から支持されている。
<プロフィル>武田久美子(たけだ・くみこ) 1968年愛知県出身。東大生のアイドルコンテストでグランプリを受賞し話題に。82年、女優として映画「ハイティーン・ブギ」に出演。83年には、シングル「噂になってもいい」で歌手デビュー。 さらに、「グラビアの女王」として写真集を数多く発表し人気を博す。特に「マイディア ステファニー」で見せた“貝殻ビキニ”は、世間に大きな衝撃を与えた。 近年は自身が実践している健康法・アンチエイジング法・愛用スキンケアコスメ、美容法に関する書籍やDVDを発売、アンチエイジングのスペシャリストとして多くの女性から支持されている。

 土曜朝の情報番組「サタデープラス」(MBS/TBS系全国ネット、午前8〜9時25分 MC:丸山隆平=関ジャニ∞=・小堺一機・小島瑠璃子)では、毎回有名人に「賢いお金の使い方」を教えてもらう「マネープラス」のコーナーを放送。4月23日放送分では、シングルマザーとして奮闘する武田久美子のアメリカ・サンディエゴでの暮らしに密着する。

 今年1月にアメリカ人男性との結婚生活にピリオドを打ち、13歳の娘を育てるシングルマザーとしての道を歩み始めた武田のお金使いとは?

 現在、一番お金をかけているのは娘の教育費だという。バレエとフィギュアスケートを習わせているためお金も時間もかかる大忙しの毎日。スケートの早朝練習があるため、朝は4時に起床して練習場まで送っていくのが日課。武田は「フィギュアの練習のために毎朝ドンペリを1本買っているようなもの」と語る。その後、娘を学校へ送り、買い物を済ませ、自身のプロポーション維持のためバレエ教室へと向かう。娘が帰宅すると夕食の準備、そして家事を済ませるため就寝は深夜1時頃。3時間の睡眠で奮闘する毎日を送っている。

 仕事は執筆活動などのほかに2カ月に1回、10日ほど来日し、ファッション雑誌の撮影やテレビ出演を中心に行っている。

 そんな武田が日本で必ず立ち寄るというのが、ドン・キホーテ。一緒についていくと、娘の化粧品から日々の日用品までまとめ買いしていく。なかでも食品用のラップはアメリカの製品に比べると値段が安く品質も高いので、欠かさず買っていくのだ。

 自分のことより娘の成長を最優先する、武田の母としての意外なたくましい一面が明らかになる。

あわせて読みたい

注目の特集