メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対イラン

米と湾岸諸国首脳、溝あらわ 安全保障を協議

 【ワシントン会川晴之、ダマスカス秋山信一】オバマ米大統領とサウジアラビアなどペルシャ湾岸6カ国で構成する湾岸協力会議(GCC)首脳は21日、サウジの首都リヤドで行った会議で、両陣営の溝を安全保障分野を中心に埋めようと図ったが、中東情勢に関する立場の違いも改めて浮上した。

 焦点はふたつの「I(アイ)」だった。ひとつ目は過激派組織「イスラム国」(IS)。二つ目はGCCが敵視するイランだ。

 対ISでは連携強化で合意。イラン対応では、ミサイル防衛網整備への米国の協力強化や、合同軍事演習の来年3月実施を決めた。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです