メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

数学者・大道芸人 ピーター・フランクルさん

愛用の釣竿を手に「釣った魚で一番大きかったのは119センチのカンパチ。これくらいあったんだよ」=東京都港区のお台場海浜公園で、内藤絵美撮影

財産は頭と心に、奥深い釣りが魅了

 「写真撮影のお役に立てば……」と、東京・お台場の公園に、両手に荷物を抱えて現れた。片手にはチャプリンが持つような古風なトランク。得意の大道芸の小道具が詰まっている。

 世界的な数学者として活躍する一方、母国ハンガリーのサーカス学校で芸人免許も取得。1990年代からは、日本で数々のクイズ番組や教養番組に出演し、難しいイメージの数学を親しみやすい話術で紹介してきた。この人と大道芸は、もはや切っても切り離せない。

 そして、もう片手には背丈を超えるような細長いバッグ。出てきたのは釣りざおだった。聞けば今、釣りに夢…

この記事は有料記事です。

残り1568文字(全文1839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 歌舞伎公演も「働き方改革」 4月から休演日設定へ 松竹発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです