メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

要害山

ハイキングを 新コース設定しマップ5000部発行 上野原市 /山梨

新たなハイキングコースとして上野原市がアピールしていく要害山=上野原市で

 上野原市は、大鶴地区にある「要害山」(標高536メートル)付近を新たなハイキングコースとして設定し、「トレッキングマップ」5000部を発行した。これまで知名度は低かったが、戦国時代には山城が築かれるなど史跡も残る。富士山など展望も楽しめる尾根歩きのコースとしてアピールしていく。

 県東部にある要害山は戦国時代、甲斐、相模、武蔵の国境付近では最大級の山城「大倉砦(とりで)」が築かれた。武田氏の北条氏に対する前線の要衝で、山頂には、土塁や堀切りなどの跡が今も残る。

 ハイキングコースは同市棡原地区の入り口にあたる鏡渡橋がスタート地点。秋葉大権現のある要害山山頂から…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです