メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注文靴

世界に一つの靴を 焼失の老舗、再開目指す 表町商店街の立岡さん、「いい物集まる街に」活性化にも力 /岡山

オーダーメードにこだわり、カラフルな革靴を作る立岡海人さん=岡山市北区柳町1で、林田奈々撮影

 来年で創業120年を迎えるという表町商店街(北区)の靴店「靴のタツオカ」4代目、立岡海人さん(33)が、「客の足に合ったものを」とオーダーメードにこだわった靴を手掛けている。老舗を守りつつ模索しながらたどり着いた形だが、昨夏には火災で店を失うトラブルに見舞われた。立岡さんは元の場所での店の再開を目指し、「いい物がもっと集まる街に」と店が続いてきた商店街も盛り上げていくつもりだ。【林田奈々】

 果物を思わせるようなピンクや赤、鮮やかな緑から黄色に変わるグラデーション……。立岡さんが工房で筆を…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1058文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです