メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

存在感高まるG7=西川恵

 <kin−gon>

 主要8カ国首脳会議(G8サミット)不要論を政策担当者の口から聞いたのは2011年2月だった。「今年5月の仏ドービルでのG8サミットでは『G8はもう不要』という意見が出て、最後のサミットになるかもしれない」と準備に携わっていた外務官僚は言った。

 結果的にそうはならず、あれから5年。G8は2年前にロシアをメンバーから排除してG7となったが、G7サミットの存在理由と結束力は高まったように思われる。

 5月26、27日にもたれる伊勢志摩サミットの前座となる先の広島のG7外相会合でも扱ったテーマは幅広く、「有意義な議論ができた」と参加7カ国外相は異口同音に語った。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです