メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

セブン&アイと企業統治の神髄=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 既に語りつくされた感のあるセブン&アイの後継人事を巡る騒動。しかし、その多くはゴシップ的な善悪論の域を出ていない。より重要な論点は、ここから浮かび上がる企業統治の本質である。

 国家、企業を問わず普遍的な組織統治の核心は、トップ人事の決定メカニズムである。伊藤雅俊名誉会長も、鈴木敏文会長も、他の追随を許さない大経営者だ。しかし株式を公開し、完全な公器となった上場企業においては、なんびとたりとも自分の後任を指名する権限を排他的に持つべきではない。トップが解任されるメカニズムが実効的に存在することも当然。これが企業統治の神髄だ。株主資本主義か、公益資本主義かなん…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです