メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま私は@熊本

熊本地震 不自由な足できつい

不自由な足できつい 熊本県益城町、松岡義則さん(68)

 最初の地震が起きた夜、西原村の親類を頼って娘夫婦と孫の4人で車で避難しました。そこでまた強い揺れに遭いました。足が不自由なので、つえがないと歩けません。小学校の体育館で過ごしていて、食べ物と飲み物は徐々に改善されてきましたが、やはりこの体で避難生活はきついです。家の中は手つかずで、ボランティアの人たちの助けがないと戻れないような気がします。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです