メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新潮45」名誉毀損訴訟

橋下前大阪市長が逆転敗訴

 橋下徹前大阪市長が月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社(東京)と記事を執筆した精神科医の野田正彰氏に計1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が21日、大阪高裁であった。中村哲裁判長は「野田氏らが真実と信じる理由が当時はあった」と判断、1審の大阪地裁判決を取り消し、橋下氏の訴えを棄却した。

 新潮社側に計110万円の賠償を命じた1審判決は、記事の一部で名誉毀損(きそん)を認定。新潮社側が控訴していた。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです