熊本地震

九州新幹線の博多−熊本を再開へ 23日に試験

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
復旧作業が続く九州新幹線=熊本市西区で2016年4月19日午前11時21分、三村政司撮影
復旧作業が続く九州新幹線=熊本市西区で2016年4月19日午前11時21分、三村政司撮影

新玉名−熊本で落下の防音壁工事、22日までに終了見通し

 JR九州(福岡市)は21日、熊本地震の影響で運休が続く九州新幹線の博多−熊本間を、新水俣−鹿児島中央間に続いて運行再開させることを明らかにした。新玉名−熊本間で落下した防音壁などの応急復旧工事を22日までに終える見通しで、23日にも試験列車を走らせる。

 同社の津高守・安全創造部長らが福岡市内で記者会見し、明らかにした。津高部長は博多−熊本間の再開時期について明確にできないとしたが、安全が確認できれば速やかに運行再開させる考えで、早ければ23日の試験運行直後から再開する可能性もある。ただ再開しても、活用できる車両が少ないため本数を減らして運行し、新玉名−熊本間については安全のため徐行運転する見通し。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集