メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トキ

野生ペアから、ひな誕生 40年ぶり

ひなにえさを与える野生下で誕生した親のトキ=新潟県佐渡市で2016年4月21日撮影の動画から(環境省提供)

 国の特別天然記念物・トキについて、丸川珠代環境相は22日の閣議後記者会見で、新潟県佐渡市でいずれも野生下で生まれ育ったつがいから、ひな1羽のふ化を確認したと発表した。国内で野生トキ同士のつがいが繁殖に成功するのは1976年以来40年ぶり。放鳥から数えて3世代目となる「純野生ひな」の誕生は、人手を借りずに野生復帰を進める上で「新たなステージに入った」としている。

 環境省によると、つがいはいずれも放鳥トキの親から2013年に野生下で生まれた。今年3月18日から巣作りを始め、同20日に抱卵しているのを確認していた。今月21日午後3時半に撮影された映像で親鳥が餌をひなに与えるような仕草が観察され、その後ひなの姿も確認できたため、同日にふ化したと判断した。ひなは順調に育てば約1カ月後に巣立ちを迎える。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです