メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まなびやの宝

茨木・大阪国際メディア図書館 海外写真集など3万3000冊 /大阪

写真や絵画など約3万3000冊の書籍がそろう大阪国際メディア図書館=大阪府茨木市上泉町で、米山淳撮影

 国内では珍しい、写真や美術専門の民間図書館「大阪国際メディア図書館」(茨木市上泉町)が昨年6月に開設された。海外の写真集や絵画展のカタログなど約3万3000冊を収蔵する。館長の畑祥雄・関西学院大学教授(66)=専攻・メディア表現制作=は「芸術を目指す若者だけでなく、地域の人たちにも気軽に利用してほしい」と話す。

 図書館には、米国の写真週刊誌「LIFE」(1936年〜72年)がほぼ全号約1800冊そろっている。ロバート・キャパやアンリ・カルティエ=ブレッソンなど海外写真家の作品集や、新聞社が主催した絵画展のカタログなど、貴重な資料もある。閲覧は無料で、年間3000円を支払った会員には貸し出しをしている。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです