メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

和歌山大学の学生グループ 和歌山市のPR動画制作 /和歌山

南海電鉄加太駅で和歌山市PR動画を撮影する学生たち=和歌山市提供

ロケで知った豊かな自然

 和歌山大の学生団体が、和歌山市のPR動画「おかえりなさい」を制作し、今年3月からインターネット上で公開が始まった。大学卒業を間近に控えた男性が、出身地の同市を彼女と共に巡る約7分のストーリー。和歌山城や片男波海水浴場など、市内の美しい風景が優しい音楽に乗って登場する。

 制作したのは、同大学のクリエ映像制作プロジェクト。部活動、サークル、ゼミのいずれとも異なる学生団体で、活動のプレゼンテーションなどを通じ、大学から活動資金を得ている。今回は昨年4月、市から定住促進をテーマとするPR動画づくりの依頼を受け、台本も何もない段階からスタートさせた…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文712文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです