メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

嘉島町上六嘉 ご近所さんの力合わせて 地域で避難生活「顔見知り同士は心強い」 /熊本

自分たちで炊き出しをして朝食を食べる嘉島町上六嘉地区の避難者たち

安否確認 炊き出し がれきの片付けも−

 余震が続く熊本地震で避難生活の長期化が懸念される中、地域で避難生活を支え合う動きが広まっている。住民同士の安否確認や、互いが持ち寄った炊き出し、がれきの片付け−−。避難者は「ご近所さんの力を合わせたい」と話している。【平川昌範、佐野格】

 20日午前7時、嘉島町上(かみ)六嘉(ろっか)の上六嘉公民館前の広場に置かれたテーブルには、おにぎりや漬物、みそ汁がずらりと並んだ。同公民館で、「昨晩も揺れたね」「今日は少し冷えるね」などと話していた。約50メートル離れた集会所「東老人憩いの家」で避難生活を送る岩崎勝子さん(68)は「世間話をするとホッとする。顔見知り同士は心強いね」と笑顔を見せた。

 米や麦、大豆の農家を中心に約210世帯が集まる上六嘉地区。近くの加勢川がたびたび氾濫する水害多発地…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです