メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選・トランプ現象

私はこう見る 核合意破棄、威信損なう イランのシャヒド・ベヘシティ大、アリ・ビグデリ教授

 米大統領選で共和党の候補者指名を争うドナルド・トランプ氏は、イランでは「アフマディネジャド前大統領のようだ」と言われている。周囲が抑えきれない絶大な権力を得たアフマディネジャド氏は倫理観や法令に縛られず、強硬路線を貫いた。両氏はまさに似たもの同士だ。

 そのトランプ氏が万一当選すれば、イランと米国の関係は再び緊張を増すだろう。トランプ氏はイランの核開発問題を巡る最終合意を破棄すると言った。核合意には国際的な法的拘束力はないため破棄は可能だが、米国の威信を損なう甚大な結果を招くだろ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  3. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです