メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農業の評価、二分法はなじまぬ=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 政府が「2015年農林業センサス」の概要を発表した。5年に1度の調査で明らかになったのは農業の弱体化が止まらないという現実だ。5ヘクタール以上の農業経営体は10万5000と5年前比で増えたが、農業就業人口が51万人減少し209万人となったほか、50歳未満の担い手数は25万人に減少した。農家の廃業が進んだ結果、一部の農家に農地が集約される姿だ。

 こうした中、政府・規制改革会議の農業ワーキンググループ(WG)は3月末、国内の酪農家が、指定団体に…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです