メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トキ

「純野生」生育順調 親鳥からエサもらう

誕生したひなに餌を与えるトキ。円内に、わずかにひなが見える=新潟県佐渡市で2016年4月22日午前撮影(環境省提供)

 新潟県佐渡市で、いずれも野生下で生まれ育ったトキのつがいから生まれたひなについて、環境省は22日、「くちばしを真っすぐ上に上げて力強い様子だ」と、順調に生育していることを明らかにした。巣の中に他にひながいないか確認するとともに、抱卵している別の4組の野生トキ同士のつがいについても注意深く観察を続けている。【南茂芽育、渡辺諒】

 環境省によると、ひなの性別は不明。松林内の高さ約10メートルに作られた巣で20日以降に生まれたとみ…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1408文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地で問題化
  2. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. 「運動会」といえば…「春」それとも「秋」 地域差くっきり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです