デジタル教科書

容認、体験型の学習しやすく 費用面に課題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 タブレット端末などを使って学ぶ「デジタル教科書」について検討していた文部科学省の有識者会議は22日、次期学習指導要領がスタートする2020年度をメドに使用を認めることで合意した。使用を希望する自治体や学校は、主として紙の教科書を使いつつ、学習内容(単元など)に応じてデジタル教科書も併用することが可能になる。しかし、費用面などの課題は残っており、同会議は更に検討を進め、今秋にも報告書をまとめる。

 デジタル教科書は、紙の教科書と同じデータをタブレット端末などに収めて文字や画像を拡大でき、音声や動画などの補助教材と組み合わせて学ぶことができる。子供たちが算数や数学で図形を立体的に学んだり、英語や音楽で音声を聞いたりするなど、体験型の学習をしやすくなるメリットがあるとされる。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文707文字)

あわせて読みたい

注目の特集