メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

復興に弾み 九州新幹線、博多−熊本間が再開

週末を迎えボランティアも続々と被災地入り

 熊本地震発生の14日から不通となっていた九州新幹線の博多(福岡市)−熊本(熊本市)間が23日、再開した。熊本県と本州や福岡県が新幹線でつながり、復興に弾みがつくとみられる。20日の新水俣−鹿児島中央間に続く復旧で、JR九州は早ければ月内にも残る熊本−新水俣間を含め全線を再開させる方針。週末を迎えボランティアも続々と被災地入りした。一方、2人が安否不明の熊本県南阿蘇村では23日も捜索が続けられた。【神崎修一、津島史人、林由紀子】

 JR九州は23日早朝から、博多−熊本間で試験列車を走らせて安全を確認。午前11時50分過ぎ、博多、熊本両駅から再開後初の新幹線が出発した。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです