東芝

原発で3000億円損失 米WH資産価値を修正

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東芝の連結最終損益の推移
東芝の連結最終損益の推移

 経営再建中の東芝は子会社の米原子炉メーカー、ウェスチングハウス(WH)の資産価値を見直し、2016年3月期連結決算に3000億円弱の損失を減損処理として計上することが22日、分かった。同時に医療機器子会社の売却益を計上することで、当初見込んでいた最終(当期)赤字は過去最大の7100億円から5000億円規模に縮小する見通しとなった。

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1124文字)

あわせて読みたい

ニュース特集