三菱自

エコカー減税、追加納税へ…100億円超か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

燃費不正問題

 三菱自動車は22日、軽自動車の燃費試験データの不正操作問題で、不正が発覚したことにより車の購入者に生じるエコカー減税の追加納税分を全額負担する方針を固めた。法令では、燃費の再計算でエコカー減税の対象外であることなどが確定した場合、購入者に追加の納税義務を課している。三菱自は購入者に負担が発生しないよう全額負担する方針。負担額は100億円を超える可能性がある。また、燃費性能の操作で余計にかかったガソリン代の補填(ほてん)などにも数百億円規模が必要になる見通しで、対応費用は同社…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集