熊本地震

阿蘇山、本震で20センチ沈む…中岳火口付近

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
噴煙を上げる阿蘇山=2016年4月16日、本社機「希望」から梅村直承撮影
噴煙を上げる阿蘇山=2016年4月16日、本社機「希望」から梅村直承撮影

国土地理院解析

 国土地理院は22日、熊本地震のマグニチュード(M)7.3の本震で、阿蘇山の中岳火口付近が約20センチ沈んだとの解析結果を発表した。本震を起こした布田川(ふたがわ)断層帯は、阿蘇山西側で途切れているとみられ、地理院の藤原智・総括研究官は「地震が何らかの影響を及ぼしたことは間違いないが、火山活動との…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

あわせて読みたい

注目の特集