メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

熊本城再建に30億円 日本財団会長が語る支援

インタビューに答える日本財団の笹川陽平会長=東京都港区で2016年4月20日、米田堅持撮影

 日本財団は19日、熊本城の再建資金の提供を含む熊本地震への緊急支援策を発表した。被災地への支援について同財団の笹川陽平会長(77)に聞いた。【米田堅持】

 「熊本城再建の支援がこんなに話題になるとは思わなかった」

 笹川会長は熊本城再建への資金提供に対する反響の大きさに驚きを隠さなかった。同財団は15日に被災地での支援活動経験を持つ職員4人が救助犬とともに熊本入りし、被災地の状況を調べた。「発生当初は人命救助が最優先。警察や消防、自衛隊などの領域で民間が入り込む余地はない。ただ、救助犬は救助活動では欠かせないので派遣した」という。

 発表された緊急支援策は、障害者や高齢者、乳幼児などへの支援と非常用トイレ500台の配備に3億円▽N…

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1801文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです