メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トキ

「純野生」ひな、生育順調…親鳥からエサもらう

 新潟県佐渡市で、いずれも野生下で生まれ育ったトキのつがいから生まれたひなについて、環境省は22日、「くちばしを真っすぐ上に上げて力強い様子だ」と、順調に生育していることを明らかにした。巣の中に他にひながいないか確認するとともに、抱卵している別の4組の野生トキ同士のつがいについても注意深く観察を続けている。【南茂芽育、渡辺諒】

 環境省によると、ひなの性別は不明。松林内の高さ約10メートルに作られた巣で20日以降に生まれたとみられ、くちばしを上げて親鳥からエサをもらう姿が21日に確認された。22日には、前日よりも活発に動き、羽毛も確認できたという。

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです