メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォトスクランブル

JR新十津川駅 日本一早い最終列車 /北海道

午前9時28分に到着した「最終列車」の乗客に手作りのカードを渡す園児。連休前には太鼓演奏も披露される予定

 3月26日に開業した北海道新幹線が盛り上がる一方で、道内では同日のダイヤ改正で減便になったため注目される駅がある。札沼線(桑園−新十津川)の終着駅、新十津川町の新十津川駅だ。

 札沼線は石炭運搬を目的に1935(昭和10)年10月、札幌(桑園)を起点に留萌線の石狩沼田までを結んで開業したが、72年6月に赤字を理由に石狩沼田−新十津川間が廃止に。そしてダイヤ改正前まで朝昼夜と1日3便あった同駅発・石狩当別行きが午前9時40分発の1便となり「日本一早く最終列車が出る駅」となった。週末には午前9時28分の到着列車でやって…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです