メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

理解を 行政職員向け講演会 川崎 /神奈川

 行政で働く人たちに性的マイノリティーについて理解を深めてもらおうと、川崎市職員労働組合などの主催で23日、「ありのままに生きられる社会を求めて」と題した講演会が同市内で開かれた。多様な性を伝える団体の代表で、東京都内の自治体職員でもある遠藤まめたさん(29)や、トランスジェンダー(心と体の性が異なる人)の川崎市職員(42)が登壇し、「自治体レベルでできることがある」…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです