メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SIB

社会課題解決へ 試験導入

 社会的な課題を民間の資金をもとにNPOなどが実施し、効果が出たら、行政が費用を払う「ソーシャル・インパクト・ボンド」(SIB)が注目されている。欧米を中心に広がっており、日本では昨年度、日本財団が出資し、試験的に3件9自治体で始まった。

 兵庫県尼崎市では生活保護世帯の若者をNPO法人「育て上げネット」が訪問し、就労支援につなげる。引きこもりなど行政の手が届きにくい若者に、食事や映画などまず外に連れ出して社会に慣れてもらい、その後、市の事業に参加してもらう。

 市よりきめ細かい対応ができ、交通費などの経費もSIBで賄える。これまでに約20人の若者を訪問した。同NPOの高崎大介さん(37)は「ちょっとしたきっかけで若者は動けるようになるが、費用などがかかっていた。SIBで行政と連携でき、より支援に取り組める」と喜ぶ。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです