メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もう一度食べたい

かりんとう 歯応えと思い出引き継ぐ

昔ながらの駄菓子を守る渡辺さん夫妻。良夫さんが手にするのが特産の明治ごんぼう

 「りぼん状にねじった『かりんとう』ですよね。その菓子なら倉敷(岡山県)で売っています。お土産で買いましたから」。帰省途中に寄ったJR福山駅(広島県)前のレンタカー店で、受付の女性からそう聞いた。「子どものころ、こんなお菓子が……」と昔の駄菓子を話題にしたときだった。調べると岡山県井原市の菓子工房が製造元。今回の探しものは、カリッとした歯ごたえの、あの硬い「かりんとう」である。

 「かりんとう」にも関東と関西の違いがあるような気がする。サクッとした軟らかな歯ごたえの関東ものに対…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1435文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです