京都・亀岡暴走

4年 「時間は何も解決してくれない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
4年を迎えた事故現場には被害者の遺影や花束が供えられた=亀岡市で、花澤葵撮影
4年を迎えた事故現場には被害者の遺影や花束が供えられた=亀岡市で、花澤葵撮影

通学路で法要

 集団登校中の児童の列に無免許運転の車が突っ込み、10人の死傷者が出た事故から4年を迎えた23日、現場となった京都府亀岡市篠町の通学路で犠牲者を悼む法要が営まれた。遺族ら約30人は発生時刻の午前8時前、順番に花や飲み物を供え、静かに手を合わせた。【花澤葵】

 法要後、遺族の小谷真樹さん(33)と中江美則さん(52)は犠牲者の写真や遺品が展示される「ミニ・生命のメッセージ展」が開かれている京都学園大・太秦キャンパス(京都市右京区)での講演会に参加し、交通事件や犯罪被害者…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

あわせて読みたい

ニュース特集