メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本地震

学校再開いつ 子どもに不安感「地域でケアを」

小学校の再開が延期になって子供たちが落ち込んでいると聞いた地元のダンス講師が、避難所前の広場で音楽をかけて臨時ダンス教室を開催。久しぶりに子供たちに笑顔が戻り、自衛隊員も飛び入り参加して楽しい時間を過ごした=熊本市南区で2016年4月22日、野田武撮影

 熊本地震の被災地で、児童生徒約15万人が依然として授業を受けられなくなっていることが明らかになった。避難所として使われる学校は熊本県内だけで163校に上っており、避難者の多い地域では休校の長期化も予想される。避難生活を強いられる児童らの中には不安感やいらだちを示す子もおり、専門家は地域でのケアを呼びかけている。

 「再開のめどは立っていない。この状況で避難者を追い出すわけにはいかない」。熊本地震で最も多くの犠牲…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです