熊本地震

15万人授業受けられず 県内小中高生の75%

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
避難所の小学校の廊下を清掃するボランティア=熊本県益城町の町立広安西小で2016年4月21日午前10時18分、久保玲撮影
避難所の小学校の廊下を清掃するボランティア=熊本県益城町の町立広安西小で2016年4月21日午前10時18分、久保玲撮影

 熊本地震で学校が休校し、授業を受けられなくなった熊本県内の小中高校などの児童生徒が、22日現在で404校の約15万人に上ることが県教委などへの取材で分かった。県内の児童生徒約20万人の約75%に当たる。壁や天井など耐震化が不十分な部材を中心に被害が出た学校が少なくとも351校あり、避難所として使われている学校も多い。24日で地震発生から10日となるが、被害の大きかった自治体では授業再開のめども立っておらず、子供たちへの影響も懸念される。

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1127文字)

あわせて読みたい

注目の特集