メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

動物にも「方言」はあるの?

[PR]

地域ちいきれごとにごえちがいます

 Q 動物どうぶつ言葉ことばにも「方言ほうげん」はありますか?(群馬県ぐんまけんみどり中学ちゅうがくねん遠坂えんさかふみさん)

     A 日本各地にほんかくちには「おおきに」(大阪おおさか方言ほうげん、ありがとうの意味いみ)や「めんそーれー」(沖縄おきなわ方言ほうげん、いらっしゃいの意味いみ)など、地域ちいきによってさまざまな方言ほうげんがありますね。動物どうぶつでもごえ地域差ちいきさがあることはとりやサルの研究けんきゅうからられています。

     鹿児島県かごしまけん屋久島やくしまにすんでいるヤクニホンザルについて京都大きょうとだいが、50年前ねんまえ愛知県あいちけん移住いじゅうさせられたグループと、現在げんざい屋久島やくしまにすんでいるグループをくらべたところ、はぐれないようにたがいをう「クー」というこえたかさが、屋久島やくしまグループのほうたかいことがかりました。ただし生後せいご6かげつザルのときにはどちらのグループもこえたかさにはなく、生後せいご10かげつごろからがでてきて、「方言ほうげん」をまなぶことがかりました。

     ごえはっするおと地域差ちいきさは、イルカやクジラの仲間なかまにもあることが最近さいきん研究けんきゅうかってきています。

     東海大とうかいだい森阪匡通准教授もりさかただみちじゅんきょうじゅらは、れでまった場所ばしょらすミナミハンドウイルカについて、伊豆諸島いずしょとう御蔵島みくらしま小笠原諸島おがさわらしょとう熊本県天草市くまもとけんあまくさしで、一緒いっしょうみおよいだり、水中すいちゅうマイクをうみしずめたりしておとあつめて分析ぶんせきしました。イルカ同士どうしのやりとりで使つかう「ピーピー」という「ホイッスルおん」をくらべると、天草あまくさらすグループは、ほか地域ちいきよりおとひくいことがかりました。

     森阪もりさかさんは「天草あまくさうみはテッポウエビのすパチパチというおとがうるさく、イルカたちは雑音ざつおんされずとおくまでとどくように、ひくおと使つかうようになったのでは」とはなしています。

     一方いっぽう森阪もりさかさんによると、シャチでは地域ちいきごとではなく、所属しょぞくするれごとに独特どくとく鳴音めいおんごえ)をっていて、どの出身しゅっしんかを区別くべつしているということです。森阪もりさかさんは「つねおなじメンバーのれでらすシャチと、すんでいる場所ばしょ範囲内はんいないままに一緒いっしょにいる相手あいてえながららすイルカではコミュニケーションの方法ほうほうにもちがいがあるようです」とはなしています。【斎藤広子さいとうひろこ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    2. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

    3. 社説 NHK会長交代 政権との距離保つべきだ

    4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    5. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです