メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

尾上菊之助 父から受け継いだ責任 「團菊祭」で五つの大役

團菊祭五月大歌舞伎に出演する歌舞伎俳優の尾上菊之助さん=東京都中央区で2016年4月18日、喜屋武真之介撮影

 女形、立ち役の両方を演じ、芸熱心。次々と大役に挑んでいる。東京・歌舞伎座の「團菊(だんきく)祭五月大歌舞伎」では、5演目で五つの大役をつとめる。

 「團菊祭」は明治期の名優、九代目市川團十郎と五代目尾上菊五郎を顕彰する催しとして始まった。近年は菊之助の父の当代菊五郎と2013年に没した十二代目團十郎が主になって興行が行われていた。今回は主軸が、ぐんと若返った印象が強い。

 「父が責任を持たせてくれたのだと思います。團十郎のおじさまと父が守ってきた『團菊祭』を(尾上)松緑さん、(市川)海老蔵さんと力を合わせて盛り上げられればと思います」と意気込みを示す。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです