メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBTバッジ

性の多様性表す 国立市が研修受講者に配布 /東京

国立市が作成したLGBTバッジ

 同性愛や性同一性障害などへの理解を深めようと、国立市は職員や市議を対象に庁内研修を実施し、受講者に性の多様性を表す虹色の「LGBTバッジ」を配布する取り組みを始めた。知識を深めた職員を増やし、当事者が相談しやすい環境づくりを進めるのが狙い。多摩地域では初の取り組みという。

 LGBTはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの英語の頭文字をつないだ言葉で、性的少数者を意味する。市は201…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです