メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン20周年 希望を忘れず共に

竹下景子さん=猪飼健史撮影

一人で悩まないで チャリティー公演で朗読・竹下景子さん

 毎日新聞の小児がん征圧キャンペーン「生きる」は今年、スタートから20年になる。小児がんを巡る課題に光を当て、病気と闘う子供たちを勇気づけることを目的に掲げ、キャンペーンは1996年7月に始まった。新聞紙面とイベントで幅広く支援を呼びかけ、これまでに約3億円の寄付を支援団体に贈った。20年の節目に、チャリティー公演「ごえんなこんさぁと」で小児がんの子供たちを励ます活動を続けている女優の竹下景子さんに思いを聞いた。

 −−「ごえんなこんさぁと」を始めたきっかけは。

この記事は有料記事です。

残り3277文字(全文3536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです