石巻3人殺傷

元少年側「1審死刑、破棄を」…上告審弁論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宮城県石巻市で2010年に3人を殺傷したなどとして、殺人罪などに問われ1、2審で死刑とされた無職の元少年(24)の上告審弁論が25日、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)であった。1審の裁判員裁判で初めて少年に死刑を言い渡した事件で、弁護側は「未成熟な人間性を背景にした衝動的犯行。精神状態の審理が足りない」として死刑判決の破棄を主張し…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集