東京五輪エンブレム

作品A「組市松紋」に…作者は野老氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、東京都内で理事会を開き、旧作品の白紙撤回で選び直した公式エンブレムを「組市松紋(くみいちまつもん)」がタイトルの作品Aに決めた。アーティストの野老朝雄(ところ・あさお)さん(46)の作品で、江戸時代に「市松模様」として広まったチェッカーデザインを日本の伝統色である藍色で描いた。形の異なる3種類の四角形を45個組み合わせて違いを示し、国や文化・思想を超えてつながり合う多様性も表現した。野老さんは「とても長く時間をかけて作った。我が子のような作品」と喜びを語った。

 有識者で作る組織委のエンブレム委員会が同日、最終審査を行い、委員21人による1回目の投票で、野老さんの作品が13票の過半数を獲得して決まった。デザイナーの久野梢さん(38)の作品Bは1票、アートディレクターの後藤崇亜貴(たかあき)さん(49)の作品Cは2票、デザイナーの藤井智恵さん(49)の作品Dは5票だった。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文810文字)

あわせて読みたい

注目の特集