新型出生前診断

異常判明の96%中絶 利用拡大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型出生前診断の仕組み
新型出生前診断の仕組み

 妊婦の血液から胎児の病気の有無をたやすく調べられる「新型出生前診断」(NIPT)で、3年前の導入以来、検査で異常が確定して妊娠を続けるかどうか選択できた人のうち96.5%にあたる334人が中絶を選んでいたことが分かった。検査を受けた女性は2万7696人に上り、「命の選別」との指摘がある一方、利用が拡大している実態が浮かんだ。

 新型出生前診断を実施している病院グループ「NIPTコンソーシアム」が、加入する44施設の昨年12月までの実績を集計した。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集