メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中央防波堤埋立処分場

「帰属」協議始まる 「五輪までに解決」 大田区と江東区 /東京

 東京湾の埋め立て地「中央防波堤埋立処分場(中防)」の帰属を大田、江東両区が争っている問題で両区は25日、解決に向けた協議を正式に始めた。両区によると「互いに誠意を持って協議を進める」「2020年東京五輪までに速やかに解決を図る」ことを確認したという。

 協議は都庁の会議室で行われ、両区の部長級職員が出席した。区が都に自治紛争調停の審査を申請した場合に審査の事務局となる、都区政課の職員も同席した。同課の猪倉雅生課長は毎日新聞の取材に「…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです