メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本遺産

鎌倉、伊勢原、横須賀も 文化庁認定 /神奈川

納め太刀を担いで大山詣りの認定を喜ぶ高山市長(前列中央)と職員=伊勢原市役所ロビーで

 文化庁が25日に認定した「日本遺産」に、県内からは伊勢原、鎌倉の2市に加え、広島県呉市、長崎県佐世保市、京都府舞鶴市とともに横須賀市が選ばれ、地元からは喜びの声が上がった。

「世界」再挑戦、大事な一歩に 鎌倉

 3年前、世界遺産登録でつまずき再挑戦を目指す鎌倉市は、今回の日本遺産認定を「市が掲げる『歴史的遺産と共生するまちづくり』を進める具体的施策になる」(松尾崇市長)と歓迎している。市民の一部には「今更、日本遺産?」との複雑な声もあるが、「再挑戦に向けた大事な一歩にしよう」との前向きな意見が大勢だ。

 日本遺産は文化や伝統を物語るストーリーを主眼に、価値を認定する。鎌倉市のストーリーは「『いざ、鎌倉…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1556文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです