メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

吉野山の桜、昔から親しまれていたの? /奈良

1300年前、役行者が起源 葉と花開くヤマザクラ

 なるほドリ 3万本のヤマザクラが植えられ、日本一の桜の名所として知られる吉野山も葉桜の季節になったね。鮮やかな新緑が目に染みるようだよ。葉桜は昔から親しまれていたのかな?

 記者 奈良時代の万葉集には、春山の花と秋山の紅葉の魅力の優劣を問われた額田王(ぬかたのおおきみ)が「秋が良い」と答えた歌があります。当時、里周辺の山や丘は、人が木を切ったり焼き畑にした後に形成された落葉広葉樹の林。落葉広葉樹はなんといっても紅葉が見事です。山桜はクヌギやコナラなどとともに、里山林の主な構成樹の一つでした。万葉人の目にも木々の新緑は美しかったでしょうが、山桜はそれほど珍しくはなかっただろうと思います。

 Q そもそも葉桜の季節っていつごろなのかな?

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです