メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

吉野山の桜、昔から親しまれていたの? /奈良

1300年前、役行者が起源 葉と花開くヤマザクラ

 なるほドリ 3万本のヤマザクラが植えられ、日本一の桜の名所として知られる吉野山も葉桜の季節になったね。鮮やかな新緑が目に染みるようだよ。葉桜は昔から親しまれていたのかな?

 記者 奈良時代の万葉集には、春山の花と秋山の紅葉の魅力の優劣を問われた額田王(ぬかたのおおきみ)が「秋が良い」と答えた歌があります。当時、里周辺の山や丘は、人が木を切ったり焼き畑にした後に形成された落葉広葉樹の林。落葉広葉樹はなんといっても紅葉が見事です。山桜はクヌギやコナラなどとともに、里山林の主な構成樹の一つでした。万葉人の目にも木々の新緑は美しかったでしょうが、山桜はそれほど珍しくはなかっただろうと思います。

 Q そもそも葉桜の季節っていつごろなのかな?

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文981文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです