メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

Q&A 心のケア支援、注意点は?

静かな場所で話す プライバシー尊重

 被災者の心のケアに携わる場合、どんなことに気を付ければ良いだろうか。東日本大震災の発生後、世界保健機関(WHO)の指針に沿った心のケアの支援ガイド冊子を発行したNGO「プラン・ジャパン」の後藤亮さん(41)に聞きました。【塩田彩】

 精神的な症状は、被災状況や性格などで表れる時期や強さが異なります。心のケアの専門家である臨床心理士や精神保健福祉士の数には限りがあり、専門家以外の人たちが被災者を支えることが重要です。

 話を聞く際は、無理強いをしないこと。話したくない人には、いつでも話を聞く用意があることを伝えましょ…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです