北朝鮮

「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
金正恩第1書記と面会したことについて話をする藤本健二氏=2016年4月25日、梅村直承撮影
金正恩第1書記と面会したことについて話をする藤本健二氏=2016年4月25日、梅村直承撮影

 金正日(キム・ジョンイル)総書記の元専属料理人、藤本健二氏(仮名)が25日夜、毎日新聞の取材に応じ、再訪した北朝鮮で金正恩(キム・ジョンウン)第1書記と面会したことを明らかにした。相次ぐ核ミサイル実験について金第1書記は「戦争する気はない。外交の人間がアメリカに近づくと無理難題を突き付けてくる。むかっとしてミサイルを発射している」と発言したという。

 金第1書記と面会したのは藤本氏が平壌に到着した12日夕。市内の宴会施設で妹の与正(ヨジョン)氏や側近の崔竜海(チェ・リョンヘ)書記らを交え、3時間にわたり食事をともにした。赤ワインで乾杯した後、金第1書記はまず「日本国は今、我が国をどう見ているのか」と質問、藤本氏が「最悪です」と応じると「そうか」とうなずきながら聞いていたという。日本人拉致問題への言及はなかった。

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集