熊本地震

水前寺公園 干上がる池

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
池の水が枯れ底があらわになった水前寺成趣園の池=熊本市中央区で2016年4月26日、須賀川理撮影
池の水が枯れ底があらわになった水前寺成趣園の池=熊本市中央区で2016年4月26日、須賀川理撮影

 熊本地震の本震が起きた16日から、熊本市中央区の観光地、水前寺成趣園(じょうじゅえん=水前寺公園)の池の水が干上がり、底を7〜8割ほど露出させている。本震後はポンプで地下水をくみ上げても雨が降っても、従来の2〜3割の水しかたまらず、同園は「原因不明」と頭を悩ませている。

 園を管理する出水(いずみ)神社の権祢宜(ごんねぎ)、鯵坂(あじさか)徳孝さん(27)は本震から約1時間半後の午前3時に様子を見るため園に着いたが、いつもは水面に反射する月明かりが見えなかったことを不審に思った。夜が明けた同5時半ごろに約1万平方メートルの池の水がほとんどないのを…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集