熊本地震

職員不足で罹災証明発行できず 熊本の2町村

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町と西原村で、家屋の被災状況を証明する罹災(りさい)証明書の発行ができていないことが両自治体への取材で分かった。家屋を調査する職員不足が主な原因で、申請の受け付け自体ができていない。被災者からは早期の発行を求める声が上がっている。

 罹災証明書は、被災者の申請を受けた自治体が家屋を調査し、全壊や大規模半壊、半壊など被害程度を証明する書面。被…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

あわせて読みたい

ニュース特集